特定保健指導のご案内このページを印刷する - 特定保健指導のご案内

 メタボリックシンドロームは、単純な肥満と勘違いされていることが多いですが、実は内臓脂肪型肥満と言って、放っておくと動脈硬化や糖尿病・高血圧・脂質異常症等といった生活習慣病へ進行するリスクが高くなってしまいます。

 生活習慣病の発症前の段階であるメタボリックシンドロームが強く疑われる者と予備群と考えられる者を合わせた割合は、40歳以上で高く、男性では2人に1人、女性は5人に1人の割合に達しています。また、日本の死因別割合の約6割はこの生活習慣病で占めています。

 特定健康診査・特定保健指導は、メタボリックシンドロームの予防と改善が目的です。

 当院では、特定保健指導を実施しています。

特定保健指導って何?

 特定健診の結果をもとに、生活習慣病の発症リスクが高い順に「積極的支援」「動機付け支援」「情報提供」の3つのグループに分けられます。管理栄養士と対象者が、身体状況・生活環境等に合った生活習慣を見直し、目標に向けて取り組みます。

※糖尿病・高血圧・脂質異常症の薬を服薬中の方は、特定保健指導の対象となりません。かかりつけの医師の指導をお受け下さい。

※65歳以上の方は「積極的支援」の対象となった場合でも、「動機付け支援」になります。

どんな人が保健指導の対象になるの?

保健指導の対象

※糖尿病・高血圧・脂質異常症の薬を服薬中の方は、特定保健指導の対象となりません。かかりつけの医師の指導をお受け下さい。

※65歳以上の方は「積極的支援」の対象となった場合でも、「動機付け支援」になります。

保健指導の流れ

原則は個別面談(30分~1時間程度)となります。

保健指導の流れ

スタッフ紹介

病院では、管理栄養士が皆様を支援します!

管理栄養士 仁和 愛里
管理栄養士 松本 祐耶

「あの頃の体型に戻りたい」
「これからのことがちょっと心配」
「身体のことで悩むことなく、老後も元気にいろんなことがしたい」

一人一人の生活に合わせたアドバイスを行い、あなたの健康をフォローアップします!

お問い合せ・お申し込み

【 場所 】いわき病院 栄養相談室

【実施曜日】月~金曜日(土日祝日を除く)

【実施時間】14:00~16:30

【問い合わせ・申し込み】

独立行政法人国立病院機構 いわき病院

TEL. 0246-88-7101(代表)(受付時間9:00~17:00まで)

予約制となっております。

原則、個別面談となっております。